オンラインカジノのゲームの種類

オンラインカジノのゲーム

オンラインカジノのゲームはランドカジノと同じゲーム+α

オンラインカジノのゲームの種類は豊富で、ひとつのオンラインカジノで大体400種類以上多いところで1500くらいのゲームがあります。
大まかなゲームの種類は下記のとおりです。

  • スロット(クラッシクスロット・ビデオスロット・プログレッシブスロット)
  • テーブルゲーム(ルーレット・ブラックジャック・バカラ・ポーカー)
  • ビデオポーカー
  • スクラッチ
  • アーケードゲーム(ゲームセンターにあるような競馬のゲームなど)
  • ライブゲーム(ルーレット・ブラックジャック・バカラ)

このように、ランドカジノにあるゲームのほとんどの種類がオンラインカジノで遊ぶことができます。

オンラインカジノのゲーム

また、スクラッチゲームなどランドカジノにないゲームもオンラインカジノにはあります。

オンラインカジノのゲームは、実際に現金を賭けて遊べますが、お金を賭けないで遊べるモードがありますので、ブラックジャックの練習や新作スロットの試し打ちなどに利用していただけます。

※このお金を賭けないで遊べるモードのことを、各カジノにより呼び方は変わりますが、「練習プレイ」や「プラクティスモード」や「無料プレイ」などといいます。
初めてオンラインカジノでゲームをプレイする方でいきなり現金を賭けるのが不安な方は、是非ご利用いただければと思います。

また当サイトでも1600種類以上の無料デモゲームをご用意していますので、ゲームの戦略をたてたり練習用にぜひご利用ください。

約1600の無料カジノデモゲーム

主なオンラインカジノのゲーム

ルーレット

オンラインカジノゲーム アメリカンルーレット

オンラインカジノのルーレットにはいくつかのバリエーションがあります。 ルールはとても簡単で、ディーラーが投じたボールがウィール(ルーレット盤)の 何番のポケットに落ちるかを当てるゲームです。ホイールの数字の数がちがう「アメリカンタイプ」「ヨーロピアンタイプ」があります。

ブラックジャック

オンラインカジノゲーム ブラックジャック

ディーラーとの対戦形式で、21点を越えない範囲で点数に勝てば配当が得られるという 簡単なゲームです。最初に配られる2枚のカードの組み合わせが「Aと10 または 絵札」 であれば「ブラックジャック」といい配当も1.5倍になります。

ゲームにはいくつかのバリエーションがありルールも異なるものもあります。

バカラ

オンラインカジノゲーム バカラ

バカラは、PLAYERと呼ばれるカードと BANKERと呼ばれるカードの点数勝負で、そのどちらが勝つかを予想して賭けるシンプルなゲームです。PLAYERが勝つと思えば「PLAYER」に、BANKERが勝つと思えば「BANKER」の枠にBETを置くだけです。 当たれば同額の配当がもらえます。

スロット

オンラインカジノ スロット

現在のスロットマシンは、5つの回転リールからなる「5 Reel Slot」のビデオスロットが 主流となっていますが、当選パターンが幾通りもあり、様々なタイプのボーナスステージがあったり、高額賞金獲得のチャンスもあるジャックポットがついたものもあります。ベットしてスピンするだけの簡単ゲームです。

スクラッチ

スクラッチは、隠れている部分を削って同じ絵柄が3つ出れば規定の賞金がもらえる単純なゲームです。

高額賞金が隠れている時もありますし、童心に戻ってワクワクしながら楽しめます。プレイテック社のスクラッチはスロットのコンテンツとタイアップしているものもあります。

ビデオポーカー

オンラインカジノ ビデオポーカー

ビデオポーカーとは、コンピューターで行うポーカーゲームで、 画面上に配られる5枚のカードのうち、不要なカードを1度だけ交換し、できた役に応じて配当が支払われる5カードドローポーカーです。「2」をオールマイティとするゲームや「ジョーカーカード」の入ったものなど色んなバリエーションがあります。

クラップス

オンラインカジノ クラップス

クラップスは、シューターと呼ばれる プレイヤーの代表者が投げる2つのダイスの出目と合計数 を予想して当てる人気のサイコロゲームです。

オンラインカジノには、クラップスの他にもサイコロを使ったゲームがいくつかあります。

 

ライブカジノ

オンラインカジノ ライブゲーム

ルーレット・ブラックジャック・バカラなどのテーブルゲームを生身のディーラーと生中継(ライブ)で対戦できるゲームです。
ディーラーやプレイヤー同士チャットを楽しみながらプレイできるところもあり、まさにその場にいるような臨場感があります。

 

ゲーミングプロバイダ(ゲームソフト会社)

オンラインカジノのゲームソフトを制作する会社は、オンラインカジノが発足した1996年ごろはほんの数社しかありませんでした。

ひとつのカジノにひとつのゲームソフト会社という形が多く、2012年ころは、マイクロゲーミング系カジノ、プレイテック系カジノ、またはクリプトロジック系(現在はアマヤゲーミング)と主に3種類に分けられていました。

今は、ゲーミングプロバイダの数が急速に増えて、カジノの形も変わってきています。

最近のオンラインカジノは複数のプロバイダと契約していて、ひとつのカジノでマイクロゲーミング以外の、NETENTやユグドラシルなどの様々な会社のゲームがプレイできるようになりました。

ただ、カジノの特色がなくなりどこも同じような感じになってきていますので、逆に古くからある特化型のカジノの方が魅力があるように思えるようになってきました。

コメントは受け付けていません。