オンラインカジノ逮捕

オンラインカジノをプレイすると逮捕されるの?

オンラインカジノ(ネットカジノ)を始めてみたいけど、
日本は賭博禁止国なので、遊んで罰せられないか
心配されている方も多いと思います。

オンラインカジノは違法なのか、
そこでお金を賭けて遊ぶことが賭博罪にあたらないのか
について順に解説していきたいと思います。

■オンラインカジノを取り締まる法律がない

現在の日本ではオンラインカジノを含む
インターネット上のギャンブルを
取り締まる法律がありません。

ですので、オンラインカジノと
そこでプレイする行為を【違法】だと
決めつけられないのが現状です。

■賭博法が適用されない理由

現行の刑法185条、186条は下記のとおりです。

第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

上記185条、186条を行った場合賭博罪として罰せられることになります。

そしてこの法律の元々の主旨は、
「博徒」(今は暴力団-ヤクザ-)を取り締まるためと、
賭博にのめり込んで社会的に健全な生活ができなくなる
ことを防止するためということです。

明治40年に公布された
「刑法第23章-賭博及び富くじに関する罪-」
大変古い法律です。

オンラインカジノの場合、国内在住の日本人が
インターネットに繋がったカジノにアクセスし
実際にお金を賭けるという行為
185条に値するのですが、


運営されているカジノは
ギャンブル許可国から発行されたライセンスを持ち
海外サーバーで合法に運営されていますし、
国内の賭博場(定まった場所)とは違いますので
186条にはあてはまりません。

オンラインカジノ賭博罪

上記の図のように
賭博罪が成立するには
185条と186条の両方
立証されることが必要になります。

つまり、合法なオンラインカジノ
でプレイした場合は
賭博罪で起訴されることはありません。

参考までに↓

オンラインカジノ逮捕者の件
不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件
ただし下記の場合は逮捕される可能性があります
  • 国内で運営されている違法なカジノ(オンラインカジノ)でプレイした場合
  • ライセンスを持たないオンラインカジノでプレイした場合
    (ライセンス証か登録番号を確認すること)

■【おまけ】賭博罪にあたるギャンブルとあたらないギャンブル

賭け麻雀・野球賭博は賭博罪にあたります

賭け麻雀・野球賭博は、185条、186条をどちらも回避していませんので、
賭博行為として確定され刑罰が適用されます。

パチンコ・競馬・競艇・宝くじなどが違法とされないのは

賭博禁止国でありながら、日本には
パチンコ・競馬・競艇など結構たくさんの
ギャンブルをするところがあります。

これらはなぜ、賭博罪にあたらないのかそれぞれ理由を解説します。

★パチンコの場合

パチンコ(パチスロ)は、「三店方式
という営業方法を使い、賭博法を回避しています。

三店方式とは、下記の手順で行われます。

  1. お客が出玉やコインをパチンコ店で景品(文鎮やテグスなど)に交換する
  2. 交換した景品をパチンコ店とは別の会社が運営する景品交換所で買い取ってもらう
  3. 買い取った景品を特殊景品卸売業者を買い取りパチンコ店に卸す

このように3店(3つの会社)を結びつけて
運営する手法のことを三店方式と言います。

★競馬・競艇・競輪・オート、宝くじ・スポーツ振興くじ(TOTO)の場合

3競(競馬・競艇・競輪)オート、宝くじ・TOTOは、
公営ギャンブルとして、国の収入源の一部となっており、
特別法」というものが適用されているため、
賭博法の対象外となっています。

初心者さんにおすすめのスマホ対応オンラインカジノ