ストラテジーイメージ

オンラインカジノのビデオポーカーはペイアウト率が約98%~110%と非常に高く、遊びやすいゲームです。

特に最もよくプレイされるジャックス・オア・ベターには基本的な戦略(ベーシックストラテジー)があります。

ベーシックストラテジー とは、並べられたカードの状態からどのような場合にどのカードを残すのか、または残さないのか判断する基準となる法則のようなものになります。

ストラテジーをご紹介する前に、ポーカーの役を知らないとストラテジーも理解しにくいと思いますので、確認されたい方は”基本的なポーカーの役”という項目をクリックしてコンテンツを開いてください。(もう一度クリックしますと閉じます。)

基本的なポーカーの役

配当の高い順・又は強い順に表示しています。

ロイヤル(ストレート)フラッシュ

A(エース)・キング・クイーン・ジャック・10の連番が同じスーツ

スペードのロイヤルフラッシュというポーカーの役

ストレートフラッシュ

A(エース)を除く、同じスーツの連番

ポーカー役のストレートフラッシュ

フォー・オブ・ア・カインド(フォーカード)

同じ数字が4枚の手

ポーカー役のフォーカード

フルハウス

同じ数字3枚と別の同じ数字2枚の手

ポーカー役のひとつでフルハウス

フラッシュ

5枚全てが同じスーツの手(連番だとストレートフラッシュ)

ポーカー役のひとつでフラッシュという

ストレート

5枚のカードがスーツに関係なく連番の手

ポーカーの役の一つでストレートという

スリー・オブ・ア・カインド(スリーカード)

5枚のカードの内3枚が同じ数字の手

ポーカーの役のスリーカードという

ツーペア

5枚のカードのうち同じ数字2枚と別の同じ数字2枚ある手

ツーペアというポーカー役

ワンペア

5枚のカードのうち同じ数字のカードが2枚の手(ビデオポーカーのジャックスオアベターでは、ジャック以上のワンペアで配当がつきます)

ワンペアというポーカー役

ポーカー(ジャックス・オア・ベター9-6)のベーシックストラテジー

まずジャックス・オア・ベターですが、ソフトメーカーにより配当が異なる場合があります。このストラテジーに対応する ジャックス・オア・ベター は、
フルハウス 9倍・フラッシュ 6倍  の配当があるゲームに対して最大の効果を発揮しますので、まずプレイする前に配当表で確認しておいてください。

配られたカードに対して行うべき最適なアクションを例を挙げてご紹介します。

期待度が高いハンド

完成役ができているハンド例

ストレート(ロイヤルフラッシュ・ストレートフラッシュ含む)が完成している場合は5枚全て残す。

ストレートが完成している手は全てHOLD

フルハウスが完成しているは5枚全て残す。

フルハウスが完成している手は全てHOLD

ハイペアが完成している場合はハイペアを残す。

ハイペアはHOLDする

ロイヤルフラッシュ狙いができるハンド

当たればビックな配当があるロイヤルフラッシュが狙えるので、揃っていない1枚を交換する

ビデオポーカーでロイヤルフラッシュが狙えるチャンス手

ストレートフラッシュ狙いができるハンド

あと1枚が揃えばストレートフラッシュが狙えるので揃っていない1枚を交換する

1面待ち:下記のハンド例だと♠7待ち

ストレートフラッシュが狙えるハンド例

2面待ち:下記ハンド例だと♥2♥7待ち

ストレートフラッシュが狙えるハンド例

※完成役をつぶしてでもより強い手を狙う方が良いハンド

通常は完成役ができている場合、わざわざハンドを変えることはありませんが、下記のようにより高い手が狙える場合はチャレンジします。

ストレート役が完成してますが、ロイヤル(ストレート)フラッシュを狙う手

ポーカーのストラテジー

フラッシュが完成していますが、 ロイヤル(ストレート)フラッシュを狙う手

ポーカーのストラテジー

ハイペア(下記ではJのワンペアのこと)が完成していますが、 ロイヤル(ストレート)フラッシュを狙う手

ハイペア(下記ではJのワンペアのこと)が完成していますが、ストレートフラッシュを狙う手

期待度が中くらいのハンド

ロイヤル(ストレート)フラッシュが3枚揃っている場合

ロイヤルフラッシュが狙えますので3枚とも残します。

ロイヤルフラッシュ3枚揃い

同じスーツが4枚揃っている場合

フラッシュが狙えますので4枚とも残します。

フラッシュが狙えるハンド

ローペアがある場合残す

ローペア自体は配当がありませんが、ツーペアやスリーカード、フォーカードが狙えますので残します。

ローペア

2面待ちのストレート(アウトサイド)4枚揃いの場合

下記のように4枚連続したハンドでその両面のどちらかに続くカードがくればストレートが確定する場合は、4枚を残します。(下記では、「5」か「10」が来るとストレート役が確定します。)

基本的にストレートを狙う場合は両面待ちの場合で、連番でないストレートハンドでない場合は特にHOLDはしません。

両面待ちのストレート

ストレートフラッシュの3枚が揃っている場合

5枚のカードのうち3枚が同じスーツで連番になっているハンドはその3枚を残します。

ストレートフラッシュの3枚揃い

5枚の カードのうち3枚が同じスーツで連番ではないがひとつ飛ばしであればその3枚を残します。

ストレートフラッシュが狙えるハンド
ストレートフラッシュが狙えるハンド

特殊な形のストレートの場合

ストレートの場合、4枚の連番で2種の数字の街ができるハンド以外は無視するのですが、下記のハイカード(J以上のカード)を3枚以上含むストレートの5パターンの場合のみ、カードを残します。

10待ちのストレートハンド
「10」がくるとストレート完成
jack待ちのストレートハンド
「J」がくるとストレート完成
クイーン待ちのストレート
「Q]がくるとストレート完成
キング待ちのストレートハンド
「K」がくるとストレート完成
10待ちのストレートハンド
「10」がくるとストレート完成

期待度が低いハンド(上記例以外でハイカードがある)

配られた5枚のうちJ以上のハイカードがある場合の対処方法は下記のとおりです。(優先順)

ハイカードのうち同じスーツがあれば残す

下記のようにハイカードが3枚ある場合で同じスーツが2枚あればその2枚を残します。

ポーカーストラテジーでハイカードの同スーツ2枚は残す

バラバラのスーツのハイカードはランクの低いものを2枚残す

ハイカードがJ・Q・Kの時はスーツが違っても残す

ハイカードのJ・Q・K

ハイカードが2枚の場合はそのまま残す

ポーカーストラテジーでハイカード2枚は残す

ハイカードが1枚の場合はそのまま残す

ポーカーストラテジーでハイカード1枚は残す

上記以外の手は「ゴミ手」となりカードを総取り換えする

間違いやすいものとしては

ストレートフラッシュ、ロイヤルフラッシュが狙えない連番でない4枚ストレート1面待ち、

ストレートフラッシュ以上が狙えない3枚同スーツ、

ハイカードでもなく同じスーツでもないストレート3枚、

はゴミ手となります。(ただし、ジャックス・オア・ベター9-6において)

※ 上記情報についてその内容を保証するものではありません。また、この情報を利用し被ったいかなる損害ついても、一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。なお、コンテンツ及び画像の無断転載を固く禁止させていただいてます。