ecoPayz-エコペイズ銀行出金する方法

ecoPayzエコペイズ出金

ecoPayz-エコペイズ出金

高速ローカル出金と国際銀行送金の違い

ecoPayz-エコペイズには日本国内の銀行に直接出金する方法が2種類あります。
高速ローカル出金国際銀行送金です。

どちらも国内の銀行に出金するのですが、どういった点が違うのか表にまとめてみました。

 高速ローカル出金国際銀行送金
入金までにかかる日数1日~3日最大10日
手数料15ユーロ~出金額の1%10ユーロ+各受け取り銀行手数料
金額の制限最低15ユーロ最低5ユーロ~50万ユーロ
利用できるアカウント口座基本日本円口座全ての通貨口座

出金の速さで選ぶなら高速ローカル出金ですが、手数料が最低15ユーロ(日本円で約1,950円)かかります。

つまり大体196,000円以上の出金で1%の手数料が適用という計算になります。
出金金額が少なすぎても手数料がもったいないし、40万以上の出金ですと約4,000円以上の手数料がかかりますので、多少着金日が遅くても構わない場合は、国際銀行送金も検討してみるといいと思います。

 

ちなみに国際銀行送金の場合は、10ユーロ(日本円で約1,300円)と受け取り銀行の手数料(1,500円~4,000円)かかりますので、約2,800円~5,300円が必要です。

受取り日に余裕がある場合は、合計手数料2,800円のところ(三井住友銀行、三菱UFJ銀行など)なら29万以上の出金で国際銀行送金を使えば、手数料の節約はできます。

 

着金希望日出金金額に応じて使い分けするといいですね。

では、それぞれの出金手順をご紹介します。

ecoPayz(エコペイズ)高速ローカル出金の手順

高速ローカル出金の手順

高速ローカル出金は、エコペイズの代理会社の国内銀行口座を使い日本円で直接振り込むので、エコペイズの日本円のアカウント口座からの出金であれば、出金手数料以外はかかりませんが、その他の通貨のアカウントからの出金の場合、別途日本円の為替手数料がかかります。

※自己アカウント間送金で日本円アカウント口座に他の通貨の口座から資金移動できますが、その際は移動手数料は無料ですが、為替手数料がかかります。

 

それでは、高速ローカル出金の手順をご説明します。

1.引出し先の銀行口座を登録する

ecoPayzにログインし、左メニューの「資金を引き出す」を選択し引き出しを選んで、出金タイプを「高速ローカル出金」を選びます。引出し先 「⊕銀行口座を追加」をクリックします。

 

エコペイズの高速ローカル出金手順

 

下記のようなが画面になりますので「アカウントを追加」ボタンをクリックします。

受取人名はエコペイズの登録者名と同じでないといけませんので、変更はできません。 エコペイズ高速ローカル出金手順

 

利用規約が表示されますので、一読して最後に同意のチェックを入れ続行をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金の利用規約

 

銀行情報を入力するフォームが表示されますので、日本語で送金先の銀行情報を入力していきます。

エコペイズ高速ローカル出金銀行登録

 

下記は記入例です。

入力できましたら「アカウントを追加」をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金銀行口座登録記入例

 

内容の確認になりますので、間違いがなければ確定をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金銀行登録確認

 

銀行口座が無事追加されましたというメッセージがでればOKです。

2.国内銀行に高速ローカル出金する

では、もう一度左サイドバーより「資金を引き出す」をクリックして、高速ローカル出金をクリックしてください。

先ほど登録した送金先銀行をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金

 

送金額を日本円で入力し、続行をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金

 

送金内容の確認になりますので、間違いなければ確定をクリックします。

エコペイズ高速ローカル出金

 

出金完了のメッセージが出れば出金手続きは完了です。
早ければ1日、遅くても3日以内に国内銀行に着金します。

ecoPayz-エコペイズ国際銀行送金の手順

国際銀行送金の手順

エコペイズから日本国内の銀行口座に海外送金で出金する手続きの手順をご紹介します。

 

最初に国内の出金先銀行の登録をします。
「高速ローカル出金」の出金先として登録していた銀行と同じ銀行にしたい場合も、英語表記でスイフトコードなども登録する必要がありますので、再度登録してください。

 

予め、登録銀行の英語表記、英語支店名、支店の住所、銀行のスイフトコードを銀行のホームページで調べておきましょう。

銀行スイフトコード一覧

また銀行により確認の電話がかかってきたり(その内容によっては受付されないところもあるようです)、手数料も様々なようですが、エコペイズからの海外送金でよく使われていて、着金が早く、手数料も1500円と安く、電話確認もない(今のところかかってきたことないです)銀行は、「三井住友銀行「三菱UFJ銀行」があります。

1.引き出し先の銀行口座を登録する

それでは、ecoPayzのログイン画面の左サイドバーから「資金を引き出す」の項目をクリックしてください。
「国際銀行」を選択し資金を出金するアカウント口座を選択します。

引出し先銀行を登録するため「+銀行口座を追加」をクリックします。

エコペイズの国際銀行出金の手順

 

すると、銀行情報を入力するフォームが表示されますのが、口座番号入力し次の項目を入力しようとしますと、下記のようなエラーメッセージがでて、追加項目を含めたフォームが表示されます。

エコペイズ国際銀行出金の引き出し銀行登録

 

下記の記入例(三菱UFJ銀行)を参照してご記入ください。

エコペイズ国際銀行出金の引き出し先銀行登録

 

確認画面になりますので、間違いがなければ確定ボタンをクリックします。

エコペイズ国際銀行出金の引き出し先銀行登録

銀行口座追加メッセージ

 

このようなメッセージが出れば銀行口座の追加は完了です。

2.登録した銀行に国際銀行出金する

では登録した銀行口座に資金を出金してみましょう。
左サイドバーの「資金を引き出す」をクリックします。出金タイプ「国際銀行」に選択し、引き出す残高がある口座を選択します。

 

引出し先の銀行をクリックしますと、その下に出金金額を入力するフォームが表示されます。

エコペイズ国際銀行出金手順

 

金額を入力して口座情報、手数料を確認し続行をクリックします。

エコペイズ国際銀行出金する金額を入力

 

内容に間違いなければ、確定をクリックします。

エコペイズ国際銀行出金

 

速い場合は3日ほどで着金しますが、銀行により異なりますのでおおむね手続き後10日以内とご承知ください。

ecoPayz-エコペイズ銀行出金する方法

ecoPayz-エコペイズ出金 高速ローカル出金と国際銀行送金の違い ecoPayz-エコペイズには日本国内の銀行に直接出金する方法が2種類あります。 高速ローカル出金と国際銀行送金です。 どちらも国内の銀行に出金するのですが、どういった点が違うのか表にまとめてみました。 出金の速さで選ぶなら「高速ローカル出

Editor's Rating:
4.5

コメントは受け付けていません。