オンラインカジノのペイアウト率レポート

ジャックポットシティカジノ32redカジノゲーミングクラブルビーフォーチュンカジノルビーフォーチュンカジノゲーミングクラブオンラインカジノのゲームはコンピュータで稼動しています。
またこのコンピュータの作動が確実にランダムであるように、高性能RND(乱数発生器)が利用されていますが、その合計賞金に対しての合計賭け金額の割合である平均ペイアウト率も一定(大体平均して97%くらい)であるかなど国際的な会計監査法人によってテストされています。

その監査法人の報告書(レポート)をカジノによっては毎月公開しているところがあります。
逆に公開しないところはなぜ公開しないのかな?
と思ってしまうのですが、外部監査を受けることがオンラインカジノを運営するうえでは絶対義務づけられていますので、報告書が公開されていなくても監査されていることが明記されていれば気にしなくても大丈夫だと思います。
ですが、監査報告書を公開しているところのほうがもっと安心できますね。

報告書の確認方法

マイクロゲーミング系のカジノは監査法人を「eCogra」プレイテック系カジノは「TST」にしているところが多いです。
ちなみに当サイトでご紹介しているカジノの報告書の確認方法ですが、「スピンパレス」「ジャックポットシティカジノ」「32redカジノ」「ルビーフォーチュンカジノ」「ゲーミングクラブ」それぞれの公式ページの下の方に
ecogra-logoのロゴがありますので、クリックするとレポートが表示されます。

スピンパレスカジノ監査報告・ペイアウト率確認方法

下記画像をクリックすると公式サイトへアクセスします。

スピンパレスカジノ 監査報告

下へスクロールさせて上記画像のような黄色い枠で囲まれた「ecogra」のマークを見つけてクリックしてください。
下記画像のような監査報告書が表示されます。
スピンパレスカジノペイアウト率
このペイアウト率のレポート以外にも表示されますが、英語でよくわかりませんのでわかりやすいこの部分だけアップしました。
2016年12月のペイアウト率です。

ジャックポットシティカジノ監査報告・ペイアウト率確認方法

下記画像をクリックすると公式サイトへアクセスします。

ジャックポットシティカジノ eCogra監査報告

下へスクロールさせて上記画像のような黄色い枠で囲まれた「ecogra」のマークを見つけてクリックしてください。
下記画像のような監査報告書が表示されます。
ジャックポットシティカジノ eCogra 監査レポート
このペイアウト率のレポート以外にも表示されますが、英語でよくわかりませんのでわかりやすいこの部分だけアップしました。
2016年12月のペイアウト率です。

32redカジノ監査報告・ペイアウト率確認方法

下記画像をクリックすると公式サイトへアクセスします。

32redカジノ ecogra監査レポート
下へスクロールさせて上記画像のような黄色い枠で囲まれた「ecogra」のマークを見つけてクリックしてください。
下記画像のような監査報告書が表示されます。
32redカジノ ペイアウト率レポート
このペイアウト率のレポート以外にも表示されますが、英語でよくわかりませんのでわかりやすいこの部分だけアップしました。
2016年12月のペイアウト率です。

ルビーフォーチュンカジノ監査報告・ペイアウト率確認方法

下記画像をクリックすると公式サイトへアクセスします。

ルビーフォーチュンカジノ eCogra監査レポート
下へスクロールさせて上記画像のような黄色い枠で囲まれた「ecogra」のマークを見つけてクリックしてください。
下記画像のような監査報告書が表示されます。

ルビーフォーチュンカジノ ペイアウト率レポート
このペイアウト率のレポート以外にも表示されますが、英語でよくわかりませんのでわかりやすいこの部分だけアップしました。
2016年12月のペイアウト率です。

ゲーミングクラブカジノ監査報告・ペイアウト率確認方法

下記画像をクリックすると公式サイトへアクセスします。

ゲ―ミングクラブ ecogra監査報告
下へスクロールさせて上記画像のような黄色い枠で囲まれた「ecogra」のマークを見つけてクリックしてください。
下記画像のような監査報告書が表示されます。
ゲーミングクラブカジノ ペイアウト率レポート 

2016年12月のペイアウト率レポートです。

ウィリアムヒルカジノクラブの監査報告・ペイアウト率レポート確認方法

プレイテック系のオンラインカジノはペイアウト率の公開をしているところが少ないのですが、ウィリアムヒルカジノクラブでは「TST」の監査報告がキッチリと公開されています。

確認方法は、下記画像をクリックして公式サイトへアクセスします。
アカウントを持っている方はログインしていただき、アカウントを持っていない方は「今すぐ参加」をクリックします。
登録フォームになりますが、すこし下にスクロールさせると下記画像のような黄色い枠で囲まれたTSTのロゴがありますので、それをクリックします。
ウィリアムヒルカジノクラブ TST監査報告
すると監査レポートがPDF形式で表示されます。
下記は2017年1月のペイアウト率レポートのスクリーンショットです。
ウィリアムヒルカジノクラブ ペイアウト率レポート

カジノ倶楽部ジャパン ペイアウト率レポートの確認方法

複数のソフトウェアの会社と提携しているオンラインカジノでは珍しくペイアウト率を公開しています。
毎月ではありませんが、3~4か月の間隔でペイアウト率レポートを公開しているようです。

下記画像をクリックし公式サイトへアクセスします。
下へスクロールさせ、黄色い枠で囲まれた「KAHNAWAKE GAMING COMMISSION」のロゴマークをクリックします。

カジノ倶楽部ジャパン 監査報告確認

すると下記のようなページになりますので、少し下の黄色い枠でかこまれた部分をクリックします。

カジノ倶楽部 ペイアウト率レポート

するとPDF形式のレポートが表示されます。
新しいものが一番最初になっていますので、確認してください。
下記は2017年1月のレポートのスクリーンショットです。

カジノ倶楽部ジャパン ペイアウト率レポート

ベラジョンカジノの監査報告書は公開されていませんが

当サイトでご紹介しているカジノで報告書の公開をしていないのは、「ベラジョンカジノ」だけなんですが、だからといって信用がないということではありません。
「ベラジョンカジノ」の運営会社Dumarca Gaming Ltdは、その親会社であるDumarca Holdings PLCが2015年にIntertain Group Ltdによって買収されました。つい最近ですよね。
そのIntertain Group Ltdは、あの最古の老舗オンラインカジノ「インターカジノ」を運営るする会社でもありますが、このIntertain Group Ltdが今年2017年1月Jackpotjoyの子会社になりました。
これまで3つの国のオンラインギャンブルのライセンスを取得していますし、ロンドン証券取引所の上場を果たした世界最大級のオンラインカジノ事業者となりました。
ですので、ペイアウト率が公開されていないからといってがっかりする必要はありません、おそらく買収されたり親会社が変わる時に監査はうけていると思いますので、ゲームの公平性や信頼性は大丈夫だと思います。

ペイアウト率がわかったところで勝率が上がるかといったらそうでもないですし、あくまで公平さや信頼度を確認する目安にしていただければと思いご紹介しました。

お役に立ちましたらぽちっとお願いしますにほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

コメントは受け付けていません。